埼玉県幸手市長 渡辺くにおの公式ウェブサイトです

渡辺くにおプロフィール

昭和32年5月23日 割烹「渡邊家」の二男として生まれる。

幸手小・幸手中学校卒業/日本大学豊山高校卒業

日本大学文理学部中退

レストランプロローグ経営

民間の柔軟な発想や手腕は、渡辺くにおが民間で働く中で培われてきたものである。
経営力・営業力は、市のトップに最も必要な力量だ。

幸手青年会議所理事長

まちづくりの手法と実践を学ぶ。明るい豊かなまちづくりは、渡辺くにおの永遠のテーマである。


profile.jpg

幸手小学校PTA会長・幸手市PTA連合会会長・埼玉県PTA連合会副会長

PTA活動を通して、子育てや教育問題に取り組んできた。
次代を担う子供たちのために奔走した経験を、子育て日本一のまちづくりに活かす。

幸手市議会議員3期12年 総務常任委員長・建設経済常任委員長を歴任

議員として側面から市政にかかわる中で、年々幸手に元気がなくなってきたと痛感。
衰退の一途をたどる幸手市のトップに立って、幸手を変える決意をする。

家族は、両親・妻・長男夫婦・孫・二男・長女の9人。住まいは、幸手の誇る「権現堂桜堤」のそば。
現場主義がモットー、なんでも自分の目で確かめる。フットワークの良さは自慢。
温厚 誠実 友人をとても大切にする人情派。桜大好き、祭り大好き、生粋の幸手っ子である。